コミュニティをつくること。

降りて来た、考え。というか、前から散文にはしていたり、コンセプトとして漠然とおもっていたのだが、八丁堀をどういう場所にするか、それはコミュニティの拠点だ。トライブ、すなわち、族(民族、部族、賊)の寄り合いどころ、集会所だ。HATCHOBORI という名の部族をつくる。その酋長というストーリーは前からあったのだけれど、コミュニティとは考えていなかった。でもいま、少ないながらお問い合わせしてくれるお客さんもいるわけで、そろそろ自分をもう少し曝け出しでいってもいいのではないかと思う。コンセプト、モットー、世界観を広げる材料はいくらでもある。ロゴ、トレードマーク、パッチ、Tシャツ、やりたいことだらけだ。でも、ひとつづつ。コツコツコツ、💀💀💀。きちんと実現して、コンテンツを増やしていこう。

投稿者: kagawakumi

グラフィックデザイナー。2011年末に独立。アパレル、バッグ、フレグランスなどのブランディング、カタログ製作に従事。2017年、八丁堀に仕事場兼、モノづくりや骨董、アートなどをホストするスペース、TRIBE HATCHOBORI をオープン。グラフィックのみならず、レザーやトライバルアートを織り交ぜた作品や古着のカスタマイズなども制作。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。